吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

コッペパン専門店「パンの田島 吉祥寺店」の 2階で「ラムレーズンと練乳クリーム」をイートイン!

2018.04.09

1375 Views

昨年 9月にオープンしたコッペパン専門店「パンの田島」ですが、たまたま(?)行列もなかったのでイートインで食べてみることにしました。

ランチにドイツパンの「リンデ」を食べたばかりですが…。

スポンサーリンク

コッペパンを買うのに行列は大げさ?

お店は「平和通り」から「ハモニカ横丁」の西の境となる「武蔵通り」に入って進むと右手にあります。店の向かいには「レモンドロップ」があります。

いつも行列があって「コッペパンを買うのに行列は…」と敬遠していたのですが、この日は珍しく(?)空いていました。

武蔵野市吉祥寺本町1-1-5
●8:00-20:00

「惣菜コッペパン」と「甘いコッペパン」

そもそも「コッペパン」の定義をウィキペディアで調べると

コッペパンとは、紡錘形で片手で持てる大きさの底の平たいパンである。形状はフランスの「coupé(e)(クッペ)」パンや、アメリカ合衆国などで見られるホットドッグバンズ(英: hot dog bun)と似ているが、アメリカでパンの製法を学んだ田辺玄平によって考案され、日本独自の発展をしたパンである。

コッペパン – Wikipedia

とありました。私も小学生時代に給食で食べた記憶はあります。

 

「惣菜コッペパン」12種、「甘いコッペパン」12種、「揚げたてパン」6種と豊富で結構、どれにしようか迷います。

ランチのあとだったので、さすがに「惣菜コッペパン」ではなく「甘いコッペパン」から選ぶことにしました。

 

悩んだ結果「ラムレーズンと練乳クリーム(240円)」に決定!

見本が「いかにも」ですが、それがまたレトロ感をかもし出しているかも。

「田島ブレンド」をお供に 2階でイートイン

店の向かって右に階段があり、2階が「喫茶室」でイートインできます。

 

ドトールが「田島のパン」と相性のいいコーヒーをブレンドした、という「田島ブレンド(250円)」をオーダー。

「原田牛乳」「ラムネ」もあるようです。

 

階段で 2階に上がると、校舎のような造りにしています。

 

黒板や時計も「いかにも」です。

 

カウンター席でいただきましょう。

焼き表面がテカったコッペパンの中はふっくら

コッペパンはテカっていておいしそう!「田島ブレンド」と一緒にいただきます。

 

中を覗くとレーズンがしっかり挟まれています。

 

パンの中はふっくらとした焼き上がり。ラムレーズンと練乳クリームも期待通り相性バッチリ。

ほどよく甘く、パンのボリュームもあり、コッペパン人気が少し分かりました。

 

これなら総菜パンと揚げパンに「原田牛乳」を付けてランチにも使えそうです。なにはともあれ、ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場