Surface、ZenFone、吉祥寺ランチ、WordPress、個人事業主手続きなど、何事も初めては面白い!

ネパール産の NASAA オーガニック認証コーヒー豆を味わう(吉祥寺 自家焙煎「珈琲散歩」)

2015.12.16

1170 Views

吉祥寺の「中道通り」にある「珈琲散歩」で見つけたのがネパール産のコーヒー豆です。

スポンサーリンク

ネパールのコーヒー豆とは意外

ネパールは東、西、南をインド、北方を中国チベット自治区に接する内陸国です。

西北から東南方向に細長く、面積は 14.7万平方km(北海道の約1.8倍)、人口は 2,649万人(2011年、人口調査)、首都はカトマンズ。

中国チベット自治区との国境に近い北部は、エベレスト(チョモランマ)を含むヒマラヤ山脈そのものです。

 

ネパールは「コーヒーベルト」と呼ばれているエリアの北限(北緯25度)に南部が少しかかるくらいの場所で、コーヒーができるイメージはありませんでした。

Bean belt (top 20 coffee producers 2011)
緑色は 2011年現在におけるコーヒー生産量の上位20ヶ国。

標高が高く、寒暖の差が大きい強味

それでも検索してみると、意外に条件的にはコーヒー栽培に向いているという紹介もありました。

以下がその条件。「ブルーマウンテン」の環境にも似ているとのこと。

  • 標高が高く、寒暖の差が大きいこと
  • ヒマラヤ山脈の雪どけ水が良いこと
  • 降雨量と濃い霧の発生による温度変化

さらに無農薬栽培でもあります。

「珈琲散歩」の紹介文も以下の通り。

ネパール NASAA オーガニック認証

標高1,200m~1,500mの山間で収穫された、太陽の恵みとヒマラヤの厳しい冷気を受けたコーヒー豆

これは飲んでみる価値ありでしょう。

コーヒーの味も風味も文句なし

早速、200g 972円で購入。焙煎は「やや深煎り」です。

2015-12-12 09.33.54

 

見た目はまったく問題ありません。

2015-12-12 09.34.51

 

香りもあるし、しっかりと膨らんでくれました。

2015-12-12 11.00.33

味も、いままで飲んできたコーヒー豆と較べて遜色ありません。ほどよい苦みと少し甘い後味がおいしいです。

「ヒマラヤ コーヒー」なら売れるかも

私も「ネパール産」と聞いて大丈夫?とか思いましたが、安心してください!飲んでみると「おいしいコーヒー豆」ですよ。

2015-12-12 11.04.05

 

こうなれば確かに「ヒマラヤコーヒー」「エベレストコーヒー」といったブランドで売ったほうがいいかもしれません。

このページで紹介されている記事も面白いです。

 

ネパールの人たちのためにも、もっとメジャーになっていいコーヒー豆です。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場