Surface、ZenFone、吉祥寺ランチ、WordPress、個人事業主手続きなど、何事も初めては面白い!

武蔵境駅近くの「豆工房コーヒーロースト」で選んだ豆をその場で焙煎してもらいました

2015.05.09

6373 Views

「クリスタルマウンテン」100g を飲み切ったので「次は何のコーヒー豆にしようかな」と悩むのもまた楽しいわけです。

スポンサーリンク

武蔵境駅近くにも自家焙煎のお店が

そういえば武蔵境駅の近くにコーヒー豆を自家焙煎しているお店があることを思い出したので、寄ってみることにしました。

2015-05-08 16.27.37

お店の名前は「コーヒーロースト」。武蔵境駅の南口を出て右手(東小金井駅方向)に進み、徒歩 5分くらいいった右手にあります。

武蔵野市境南町3-1-5
●11:00-19:00 火曜休

 

店内は手前が喫茶スペースで、奥にコーヒー豆の展示や焙煎する場所があります。

2015-05-08 16.39.29

 

ネットで調べると「コーヒーロースト」チェーンの加盟ショップなんですね。

武蔵小金井駅の近くにも加盟店があるようです。

世界のコーヒー豆が分かりやすく並ぶ

店内には 30種類ほどのコーヒー豆が樽に入った状態で並んでいました。

2015-05-08 16.36.51

 

それぞれに説明が書かれており、それを読むだけでも楽しいです。

2015-05-08 16.33.06

すでに試している「クリスタルマウンテン」や「アマレイロ・ブルボン」もありますね。それから「武蔵野スペシャル」も気になるところです。

 

どうやら「深煎り」は旧型焙煎機を使って 240g となり、「普通」「軽め」は新型焙煎機で 125g から焙煎できるようです。

2015-05-08 16.39.20

手前にあるのが見るからに「新型」なのでしょう。

2015-05-08 16.42.46

外から焙煎されている様子が見えるのが素敵です。

コスタリカ エルバス農園 イエローハニー

散々、悩みましたが、今回はコスタリカ産の「エルバス農場 イエローハニー」125g を注文しました。

2015-05-08 16.46.08

「店主お勧め」だし、樽に生豆が残りわずかな感じもそそられました。

 

「ハニープロセス」なんて言葉は聞いたこともなかったので、家に帰ってから調べようと思います。

ハニープロセスならではの口当たりとフローラルフレーバーと甘さをお楽しみください

 

 

ほかにも噂の「ゲイシャ」や名前が気になっていた「クレオパトラ」などもあるので、これからのお楽しみです。

焙煎している間に一杯サービス

「珈琲や」でも同様のサービスがありましたが「コーヒーロースト」も豆を購入して、それを焙煎している間にコーヒー一杯のサービスがあります。

2015-05-08 16.45.51

購入した銘柄のコーヒーが出てくるのではなく、その日に用意された「軽め」「普通」「苦め」の銘柄からサービスされるようです。

 

今日の「普通」はガテマラ産の「ブルーレイク・アテトラン」だそうです。

2015-05-08 16.46.02

とても香りがよくて飲みやすく、おいしいかったです。

 

豆を焙煎してもらわなくても 280円でコーヒーを注文できるようですが、豆を買ってサービスで一杯いただくほうが、もの凄くお得な感じがします。

とにかく、お店の中には挽きたてのコーヒー豆の香りが漂い、焙煎で豆がパチパチ爆ぜている音も聞こえて、それはもういい感じです。

コーヒー豆を選んで広がる楽しさ

何年も前から、このお店があることは知っていましたが、店名さえ記憶に残っておらず、当然、一度も入ったことがありませんでした。

それがコーヒーに関心を持ったことで、いままで素通りだったお店の扉を開いている、ということを面白く感じています。

 

さらに、これまでは名前しか知らなかったアフリカや中近東、南米、中南米の国々にも少し興味を持ち始めていたりします。

毎週、いろんな銘柄のコーヒー豆を買いながら、その産地に思いを馳せるなんて、とても素敵なことです。

 

ということで、また一軒、近場でいいお店を見つけました。大収穫です。

おいしいコーヒーが飲める喫茶店としても即戦力です。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場